アクセスランキング

知るかバカうどん しるかばかうどん

君に愛されて痛かった 1 ~DMM
  
2017年に某漫画雑誌にて連載がスタートして、わずか半年あまりで打ち切り。

新潮社に移籍して、電子書籍で連載が継続された作品。

中学時代に遭ったいじめがトラウマで、同級生の顔色ばかりを気にする女子高生・かなえ。

ある時、カラオケ合コンで知り合った他校の男子・寛に援助交際の現場を目撃される。

それでも優しく接してくれる寛にかなえは恋をする。その想いが悲劇の幕を開くことに――。
ページ数:205P・価格:626円 販売開始日:2018/06/09
 

pencil03-004.gif知るかバカうどん さんは、同人誌や商業誌で作品を発表している漫画家さんです。

最後まで読んだのは、[事故で脳に障害を負ってる間友達に彼女が寝取られたお話] で、他の作品がどうなのかはわかりません。

けど、普通に、読むのはキツイという印象の作品を作る、漫画家さんです。


 [事故で脳に障害を負ってる間友達に彼女が寝取られたお話] は、自身初のイチャラブ?純愛のはなしということです。

 「恋物語」 - とらのあなWebSite

DLsiteやFANZA のサイトで販売していないので残念です。


 他は、「ホップ・ステップ はい キック!!!」など。

さわりだけ読みました。


ホップ・ステップ はい キック!!!は、好きだからヤッた、深く考えないで中出してしまった結果、子供ができて、とても背負えない・・・・という話らしいです。

その後の展開がエグすぎて、読めそうではありませんでしたけど。


 「J○★ボコボコりんっ!【単話】 」は、どこで見たのかを忘れましたが、最後に女の子が、報復するカットが印象的でした。 

それだけで、詳しい内容はわかりません。


  エロ漫画の陵辱系の作品では、さんざん暴行を加えた後、女がアヘアへになって、ド淫乱に開発されて、悦びながら奴隷にされる。

というのが、ひとつのお決まりのパターンになってますが、現実には、人権を踏みにじったあと、そんなことは起こりえない。

そんな加害者側に都合の良いような結果は有り得ない。

それは、加害者の許しを請う贖罪の意味も込め、行いを正当化しようとする行為であり、被害者の冒涜するためのもの。


 すべて 『魂の殺人』です。


 裏モノ雑誌のファンはやはり愚か者である


  pixivでは、38歳の公務員の男性とプロフィールにありましたが、そうではないようです。

ネットで、知るかバカうどんさんの画像も見つかるみたいですが、ほんとうのところはわかりません。

知るかバカうどん [サイト]
@bakaudondon [Twitter]
知るかバカうどん [pixiv]


 最初に作品を見たときに、紙面から、悲鳴のようなものを感じました。

霊的なはなしみたいですが、そうではなく、その描きたいものが、世の中や誰かに対する恨み辛みの私憤、憤りからくる悲鳴。

そんなにものを感じました。


  が、インタビュー記事や、ツイッターを読んでるうちに、それは消えていきました。

【秘録的中編ルポルタージュ】初単行本『ボコボコりんっ!』女性マンガ家・知るかバカうどんの衝撃と圧倒「私、つきあった男には必ずボコられるんです」‐おたぽる

  途中、筆者の回想が多かったのですが、インタビューに入るのは4ページあたりからです。

記事によると、2回目の同人誌が売れなかったことから、絵を描くということに執着しはじめたそうです。


  商業誌の表紙のイラストも描いてあるみたいですが、絵的には、女性らしい女性の絵という感じでした。

  僕は何もできない -後編-


  小○学生のころは、ふたば☆ちゃんねるWikipediaの掲示板に絵を投稿し、774さんTwitterという漫画家さんに、一時期のめり込んでいたようです。

その頃、グロい画像に感動していたそうで、それが作者の作風に繋がっていったのかもしれません。

ですが、作品のグロいと思える内容に性的な興奮を覚えるというわけではなさそうで、ただ○知的障○障害●者によるレ○イプには、描きながら興奮を覚えたようです。


 そして、17歳。最初に同人誌を作った年に、マンガ家の藤崎ひかりさんpixiv、 ある意味別のことで話題になった人ですが、その人に出会い、絵を褒められたことで、ひとつの行く道を見つけたようです。

【エロ漫画トレパク】「のぞえもん」騒動の藤崎ひかり氏が関谷あさみ氏の同人誌をトレース、開き直る


 作品を見てないので、たとえ見ていても、こうだ!と決め付けられるわけでもありませんが、内容としては陵○辱・暴●力など、ドス黒いところをべっとりと掬い上げて見せつけてるけれども、よくよく結果までの過程を見ていけば、その内容がすべて理不尽とは言い難いところに辿りつきます。


  ネットでは、知るかバカうどんさんの作品は、エロというには・・・、ヌケるのか?という疑問を呈するものあり、そういう目的で買うのは的外れ作品と云えるでしょう。

ただ、逆にエロでなければ。この内容は直視できないという感じもあります。


  おさんぽJK・いちごちゃん【単話】


  また描きたいという、知るかバカうどんさんのイチャラブというものは、一般的には、やすやすとは受け入れられそうもありません。

今度はウ○ンコ食べたり、おし○っこ飲んだりする内容らしいですが、それに愛を感じる事はできそうありません。


  ただ、、知るかバカうどんさんのイチャラブというものは、気持ちの良いセ○ックスを重ねるだけのものではない、体で感じる生の痛みを媒介にして、相手の人生を破壊しながら、自分の人生も壊し、互いに傷つけあい、醜い部分も暴きながら、すべてを全身で受け止めるものをいうかもしれません。


 記事のインタビューでも読み取れるのは、ツイッターからも発信される、漫画を描きたいという欲求。

自分の作品を見てもらいたい!売りたい!ストレートな欲求を隠すことなく、飾ることもなく恥ともしない。

誰でも隠そうとしたがる、そういう欲望もむき出しで来る、ある意味でバカなくらい素直といえなくもない。


 はぴはぴハピネス【単話】


 恋物語というタイトルで漫画を発表するのが 少女雑誌であれば、目が顔の半分ほどある女の子のキャラがイケメンに恋をする。

そんな、ふわふわした話でなければ、ただのイタイ奴が付けた嫌がらせみたいなタイトル。

そんな感じでしょうけれど、


 事故で脳に障害を負ってる間友達に彼女が寝取られたお話は、とらのあなでは『恋物語』となっています。

タイトルと中身のイメージの違いを受け入れられない人もいるでしょうが、僕は この漫画が、純愛 だと思うし、『恋物語』というタイトルで、ぴったりだと思いました。


 そして、連日Twitterを見てると、そこで発信される、暴言や悪態にだんだん慣れていくのが不思議。 


むかし、殺し屋イチ 殺し屋1という漫画の主人公の『イチ』が普通になってしまったという結末が、あまりピンとこなかったのですが、


 鉄鍋のなかの狭い器で、ドロドロに溶けるまで煮込んだ挙句、まわりの鉄のエキスまで蕩けだしてきて、それらが混ざり合い、ただただ、滾っているだけの過激な劇物を、腹に溜め込んでひたすら煮るだけのような毎日の連続のなかで、

そのほかの世界にある欲求触れていく事で、慣らされて呑み込まれて行ったあとには、平穏で平凡な普通の毎日になる。


  普通が悪いわけではないけれど、特別であり続けるのなら、滾る劇物を腹の中に溜め込んで煮て、熱く居続けなければ、続けられない。


twitterのなかで、知るかバカうどんさんは、『幸せにしてくれたら漫画家を辞める』ようなことを呟いてましたが、そうなんだろうな と思いました。


  もし、『普通の女の子の欲求が満たされる世界』に呑み込まれてしまえば、いままでの全て失わなくても、いまある特別なところが癒されて、ふつうになってしまうのではないか?と思います。


記事 - 漫画家・知るかバカうどんによる私たちは「買われた」展のリポート - Togetterまとめ
記事 - 知るかバカうどん先生へのインタビューが面白かったので読め : newsokunomoral
記事 - 【在宅】知るかバカうどん先生、仕上げアシスタント募集
知るかバカうどん。 - 黒い郵便船
ttp://bamimimimi.hatenablog.com/entry/2017/04/10/022230
Wikipedia - 知るかバカうどん

  ブログパーツ
関連記事

0 Comments

Leave a comment