エロとまんがと雑談と、真面目な僕が作るブログ。

巨乳と雑談が好きな管理人が、きまぐれ更新するブログ。

Top Page › 同人漫画 › 陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん byフリーハンド魂 - freehand tamashii
2021-01-04 (Mon)  23:28

陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん byフリーハンド魂 - freehand tamashii

 新作【陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん

叔母夫婦のところに居候していた陰キャな甥が、叔母と関係を持った『陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん - fanza』の続編。

毎日、セ★クスはさせてくれるけど、思ったようなビッチなおばさんにならないことが、不満な甥が、お願いを繰り返しながら少しづつ堕としてしまおうとする話。

 陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん
book2020-12-21. 880yen. 50page by フリーハンド魂 - フリーハンドタマシイ on fanza doujin
 

 
フリーハンド魂さんが描く女性は、お腹まわりに脂肪のついた、垂れ乳のおばさんです。

 

  • 陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん

  • 陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん

  • 陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん




 フリーハンド魂さんが描く内容は、

熟女が、若い男にハメ狂わされるような内容で、ママとむすこ、甥と叔母など、相姦関係のエロいからだの熟女を、ヤリまくるような作品が多いくあります。

どこにでもいるような、おばさん。

お腹も出て、おっぱいも垂れ気味、普段は性欲の対象ではないけれど、脱げば意外とすごい、ほどよい熟女を描く漫画家さんです。


というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 - fanza
 
  • というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

  • というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

  • というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

  • というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。


bookフリーターで一人暮らしのムスコの部屋にちょくちょく訪ねてくるママに、土下座で手コキをお願いしてみたら、熱意が伝わったので、次々お願いしたみたら、最後までデキた話。





ほかには、
煽られ妻 S - DLsite
 煽られ妻 S
book負けん気の強い人妻は、ナメられるのが大嫌いなのに、煽られた挙句に、さんざん舐められてイク話。


ムチムチ巨女の叔母ちゃんとエロイ事するぜ! - DLsite
 ムチムチ巨女の叔母ちゃんとエロイ事するぜ!
bookおおらかで優しくて、巨乳で人妻のおばさんと同居したので、エロいことを頼んだら、おばさんも本気になったようで完璧にセフレになってた話。


おすすめ!!
居候先のおばさんにハメる! - fanza
 

  • 居候先のおばさんにハメる!

  • 居候先のおばさんにハメる!

  • 居候先のおばさんにハメる!


book叔父さんの奥さんは、服の上からおっぱいを揉ませてくれるような自由人だけど、それ以上はない。

ところが、ある日酔っ払ったときに勢いでキスしたら、生チチを揉ませてくれたうえに本番までさせてくれました。


 > Ci-en(シエン)
 > Pixiv
 > Blog
 > Twitter

新作順



>>2019追記
 というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 - fanzaでは、内容を背徳系の重いものにせず、ムスコのアホさと、ママのエロさが良い加減のコミカルな作品になっています。

また、オリジナル作品の単発的な漫画ではなく、ファンのリクエストに応えながら、シリーズ化していくのが多いのも特徴です。


 2015年頃から創作の幅が広がったようで、フリーハンド魂名義だけではなく、風巻いか氏と共同サークル「生タンク」で、大隊骨(DT骨)名義でも活動。

2017年にはツイッターを始め、漫画は知っているけど誰だっけ?の、名前はあまり知られていない同人漫画家から脱却しました。

2019年の秋頃には、同人サークルフリーハンド魂としての10周年を迎えるそうで、喜ばしいことですね。


 シリーズ化はされていませんが、タイトル不明の2 - fanzaは、ビッチなおばさんに襲われる作品で、人気のある漫画です。

女性が、若い男を逆に襲うという、フリーハンド魂さんの作品では珍しい内容ですね。


>>2021年1月4日追記
 2021年1月3日、7ページを追加して陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん - fanzaが更新されました。

人物の線がいつもより丁寧ではない感じでしたが、おなかやおっぱいなどの体の色具合に力を入れたきたのかなと感じはしました。

エッチに貪欲なキャラが登場して、ただ汗かいてセ★クスするというような、いままでのような内容ではなく、叔母と甥の小さい頃のエピソードを入れたり、お互いの間の温度差が感じられたりと、

ほとんどのページがセ★クスシーンであるのに、ストーリー性を持たせた、これまでとは違った印象でした。



今回更新日 2021-01-04
前回更新日 2020-04-12
前々回更新 2014-12-31
 
関連記事

最終更新日 : 2021-08-25

Comment







管理者にだけ表示を許可