えろいマンガとアダルトライブチャット。巨乳とお尻好きなかんりにんの雑談ブログへようこそ。

同人漫画家とDXライブに居る女の子を勝手に紹介中。

Top Page › 雑記 › 童貞というものが・・・
2019-05-30 (Thu)  00:04

童貞というものが・・・

しばらく妄想にお付き合いください。

たいしたことはありません。

つまんなければ、やめれば良いし、どうでもいい話なので、読んでも人生のタメにもならないことを保証します。

どっちでもいいんです。

 

・・・すべて男は、すべからく生まれて、「童貞」である。

童貞に非ずは非童、純潔を守るはキモい。 捨てるというのは惜しい。 なんだこれ?「性天カグラ八岐おろち」


一生涯を童貞で過ごしたといわれる、性天カグラ八岐おろち(せいてんかぐらやまたのおろち)は、その前人未到の苦難の末にたまに到達したという思考の果てに書いた

著書

『童貞は一日にしてならず、思うところあって生涯を童程の道をゆく』(byベスト出版)のなかで、

91歳にして、なぜ自らを童貞として生きたか。(きみ・「童貞」をおそるるなかれ)という有名な談話を残しています。


今世紀最大の偉人、八岐のおろち氏。 なぜ童貞を守り続ける事ができたのか? それについて今日は暑く語りたいと思います。








さて、八岐のおろち氏は、海沿いの「時化になると漁に出られない」山に囲まれて一歩も外に出られない穏やかな集落に生まれました。

幼少のころは、八岐んちのオロちゃんと呼ばれ、たいしたエピソードも無く、なんとなく育ちました。


 とある日、

生まれてきたからには、なにか生きた証を残さねばと、そうだ通信教育でビリーザ・キャンプを習おうではないか、マッチョを目指そうではないか。

クジラを素手で掴み取りしようではないか!

コブラツイストかけたろやないかい!! 


と、思い立ち 山から海に狩りに出ていると、沖のほうからどうぶらこ・どんぶらこって、仙女があらわれ、こう言いました。


「あんたが落としたのは、この金か それとも玉か!!、 ええこら!! そんなことより薄着で水から出てきたら濡れとるわな、ブラもしてない透けた私のおっぱい見て欲情してんだろ! このクソが!!!」


 トラウマになった八岐のおろちは、おとなしく引っ込み思案になり、イジメにあって、人間不信になりました。



つづき・・・童貞ってつらいよ。
関連記事

最終更新日 : 2019-12-02

Comment







管理者にだけ表示を許可

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence